本文へスキップ

東京都 神奈川県東部 出張着付け

ご予約はこちら

着物の種類

着物の種類

ご依頼の多い着物の種類をまとめました。
※お着付け料金( )内はお教室着付けの料金。


振袖

未婚女性の第一礼装です。現在の振袖は、多くが本振袖で袖丈は三尺前後が一般的です。
成人式、結婚式、結納、卒業式、謝恩会、パーティで主役を演じる場面での装いにぴったりです。

お支度時間:45分
お着付け料金:8,500円(7,500円)


黒留袖・色留袖

既婚女性の第一礼装で、五つ紋を入れます。上半身に柄がなく、裾に絵羽模様に柄付けられ、比翼仕立てになっています。
黒留袖は結婚式や披露宴で主に3親等以内の親族が着用しますが、色留袖は、既婚、未婚を問わずに着られます。

お支度時間:45分
お着付け料金:7,500円(6,500円)


訪問着・付け下げ

留袖に次ぐ格の訪問着は既婚、未婚、年齢の関わりなく着られます。縫い目を跨り柄がつながっている『絵羽模様』が特徴です。
付け下げは訪問着の工程を省略したもので、格は訪問着に準じます。
結婚式、式典、お祝いごとなど幅広く着用できます。

お支度時間:45分
お着付け料金:7,000円(6,000円)


色無地

地紋のある、または地紋のない白生地を一色に染めた着物を色無地といいます。帯によって格が変わるため結婚式などの改まった席から、 普段の装いまでできます。

お支度時間:45分
お着付け料金:〈袋帯〉7,000円(6,000円)
       〈名古屋帯〉6,000円(5,000円)


江戸小紋

生地の色と柄の色、多くても2色で染められた着物です。 色無地と同格に扱われ、着用範囲も帯の合わせ方により、改まった席から普段の装いまでできます。

お支度時間:45分
お着付け料金:〈袋帯〉7,000円(6,000円)
       〈名古屋帯〉6,000円(5,000円)




明治から大正時代にかけて女学生たちのシンボルだった袴姿は、現代では卒業式の装いとして定着しています。
振袖〜小紋などの着物と合わせて着用し、帯は半幅帯を使用します。

お支度時間:30分
お着付け料金:6,000円(5,000円)


小紋

小さい文様を着物全体に型染めした着物です。絞り染めやろうけつ染めなども含まれます。
普段の装いの中でも、改まりすぎず、砕けすぎず、ワンピースのような装いとして着用できます。

お支度時間:30分
お着付け料金:6,000円(5,000円)




先に糸染めしてから織り上げた着物です。日常着から外出着など、おしゃれを楽しむ着物として着用されています。

お支度時間:30分
お着付け料金:6,000円(5,000円)


浴衣

花火大会やお祭りなど、夏の遊び着として欠かせないものです。
現代では帯の合わせ方によって、街着として着られるようになりました。

お支度時間:30分
お着付け料金:4,000円(3,000円)


料金等、詳細はコチラのページをご覧下さい。


店舗写真

information着付け教室

着付け教室 四季彩〜sikisai

東京都品川区東中延
東急池上線:荏原中延駅 徒歩3分
東急大井町線:中延駅 徒歩7分
       戸越公園駅 徒歩7分
浅草線:中延駅 徒歩7分