本文へスキップ

東京都 神奈川県東部 出張着付け

ご予約はこちら

お着付けに必要なもの

お着付けに必要なもの

着物・帯のほかに着付けに必要な小物類は以下の通りです。

肌着

吸湿性の良い物(サラシ・ガ−ゼ等)、衿ぐりの大きいものがお勧めです。
※着物スリップでも可
裾除け

保温と裾さばきを良くする役割があります。静電気の起こらない素材がお勧めです。
※着物スリップでも可
衿芯

きれいな衣紋と衿元を作るため、長襦袢の半衿の内側に入れて使用します。
衿カラーでカーブの付いた物がなじみが良いです。
伊達締め

着くずれを防ぎ衿元を押さえる役割があります。
長襦袢と着物、各1本ずつ(計2本)必要です。
素材は化繊、正絹などがあります。
前板

体の曲線を補正し、帯がしわにあるのを防ぎます。
両脇いっぱいに納まる長さのものが良いです。
足袋

生地はブロ−ドやキャラコ、足袋裏はネルと晒(さらし)など。
“こはぜ”(留め金)は4枚と5枚があります。
腰紐

素材はサラシ、ガ−ゼ、正絹、ゴム系のベルトなど。
着物により4〜5本必要になります。
帯枕

ガーゼをかぶせて使うと着崩れしにくく、体に馴染みます。
年齢、体型、帯結びによって大きさを選ぶと良いです。
タオル

補正用に使います。浴用タオルなど薄手のものが適しています。
3〜4枚ご用意下さい。
三重仮紐

振袖の方は必須。
その他の着物で、飾り結びを希望の方はご用意下さい。
帯締め・帯揚げ

帯揚げは帯枕の上にかぶせて帯の垂れを背にしょい上げる布地。綸子・縮緬・絞り・絽・紗などの生地があり、帯の補色の役割をします。
帯締めは帯の結び目を押さえて帯が解けない様にする紐。帯結びの仕上げに用いて、同時に着物姿の「美的センス」のポイントでもある。平打・丸組・丸ぐけなどがあります。
長襦袢

肌着の上、着物の下に着る下着。保温の役割だけでなく、着物を汗や皮脂などから守る役目もあります。

※半衿が付いているかご確認下さい。(縫い付け方)

※伊達衿、扇子は必要に応じてご用意下さい。
※不足している小物等がございましたら、事前にお申し付け下さい。当日実費にてお譲り致します。
※半衿付けはオプション(2,000円:20分)にて承ることも可能です。事前にお申し付けください。



店舗写真

information着付け教室

着付け教室 四季彩〜sikisai

東京都品川区東中延
東急池上線:荏原中延駅 徒歩3分
東急大井町線:中延駅 徒歩7分
       戸越公園駅 徒歩7分
浅草線:中延駅 徒歩7分